HGRの産業余剰と地元の家具デザイナー、ハリケーンの救済のために$ 600以上を調達

44スチールデスク
44スチールのJason Radcliffeによるデスク

3 Barn Doors table for HGR Industrial Surplus hurricane-relief auction

Rust Dust&Other 4レターワードランプテーブル
ランプテーブルLarry Fielder、Rust、Dust&Other 4のレターワード

HGR donated items from its showroom to three local furniture designers – 44 Steel, 3 Barn Doors and Rust, Dust & Other 4 Letter Words. These designers took their materials to IngenuityFest 2017 and did a live build of a desk, a table, and a reading lamp and table. The three pieces were auctioned through HGR’s eBay site and raised $606 that is being donated to Fresh Arts, a nonprofit arts organization in Houston, Texas, that is funding the Immediate Disaster Relief Fund for Texas Artists to help artists in the area rebuild after the hurricane. Thanks to everyone who participated for this good cause!

 

動物園の獣医技術者が作った工芸品を知る:David D'SouzaとのQ&A

David D'Souza with gorilla at the Los Angeles Zoo

   What do you do for a living?

I’m actually a veterinary technician at the zoo in Los Angeles. I’ve always been an animal lover, and I’ve worked with animals since I was 16. It’s such an exciting and often dangerous job that it keeps me sharp and motivated. Every day is an adventure. I would honestly do it for free, but luckily it pays enough for me to enjoy my other hobbies.

How and why did you get into welding, art and making?David D'Souza welding

Speaking of my other hobbies, many of them center around motorsports. I’ve always enjoyed building fast cars, trucks and bikes. Welding is a necessary skill in fabricating many high-performance parts and “one of” custom setups; so, I had to pick up welding both MIG and TIG along the way. Once I immersed myself in the metal fabrication hobby It quickly developed into a real passion and from it my creative side started to blossom.

What types of items do you design and make?

I typically design and create industrial-style items, as well as a few more delicate things. Custom tables are my favorite along with mobile carts and other heavy items. Almost everything I design incorporates a blend of heavy steel and wood. I particularly like building butcher block or farmhouse-style slabs and mounting them on industrial steel frames. I like playing with different wood finishes such as epoxy resins. I feel that wood has a warm, deep beauty that is brought to light if the correct finishing technique is used.

David D'Souza cartDavid D'Souza TableDavid D'Souza chicken feet potsDavid D'Souza book endsDavid D'Souza industrail coffee table

How do you market or sell your creations? Do you attend shows?

I haven’t focused on the marketing or selling aspect too much until recently. This is still mainly a hobby, and I’m constantly learning and improving. I recently started Red Dogs Crafts, and I currently only have an Etsy website as a marketing tool. I do plan on becoming a vendor at a few local flea markets here in Los Angeles to see if I can find a target audience for my style of fabrication. I plan on attending a few shows to get some ideas of what other fabricators are doing out there. I love seeing new ideas and techniques because it motivates me to learn more.

あなたはこれをどうやって学びましたか?

I’m 100-percent self-taught in everything that I do. I’ve never taken classes, had a mentor or worked in the industry to have someone show me the ropes. I believe I’m a fast learner in anything that I do, and I also know that I learn best when I do things on my own by making mistakes and doing my own research on different techniques. Nowadays, with the Internet and YouTube there isn’t anything that you cannot learn online. Heck, there’s even YouTube videos on how to do cardiac surgery for that first timer doing a valve replacement. LOL. My usual mode of action is to buy the tool first then figure out how it works and then practice until I’m proficient at it or at least achieve the end results that I can be proud of.

どのアーティスト、デザイナー、またはメーカーが最も賞賛しますか?

I like Kevin Caron’s work. I think he’s very practical and down to earth with his techniques. He’s also a wealth of knowledge and experience; so, I respect his abilities and his work because he’s constantly learning like the rest of us. He’s also on the WeldingWeb forum where I met HGR for the first time; so, he adds to the knowledge base, as do many other experienced guys.

何があなたを刺激?

I think I’m inspired by the challenge of creating something that I visualize in my mind and having to physically take the steps to make it materialize to as close a rendition of what I see in my mind’s eye. I feel that many people love certain things but always feel that they’re unattainable either because it’s too difficult, it’s too much work or they just can’t figure out how to do it. I love figuring out how to do new stuff. That is what inspires and motivates me.

仕事や芸術を作っていないときはどうしますか?

Whenever I have free time I spend my time pursuing my other hobbies. Typically, I’m out in the deserts of Southern California riding my dirt bikes or drag racing my cars. I think the feeling of being on two wheels ripping through our beautiful landscape gives me the exhilaration that I’m constantly chasing. I also enjoy spending time outdoors at the beach with my two dogs and my girlfriend. Sometimes, I just love my family time staying home with my girlfriend and the dogs just relaxing.

What advice do you have for makers?

My advice is that you can go as far in this hobby/profession as you choose. It’s all dependent on the effort that you put into it. I would advise anyone starting in the hobby to take classes first. I think this would set you up with a good fundamental foundation which would expose you to the different techniques, tools and options out there which would then allow you to make intelligent choices going forward with the hobby. Being that I’m self-taught, I feel that I’ve gone around in circles a few times and would have wasted less time had I gained the experience a class provides. Also, if you can work in the industry do so, even as a volunteer. It’s invaluable the skill you develop by immersing yourself into the industry.

あなたの個人的な哲学は何ですか?

I’ve never been asked this question before so I’ll have to think of one now. I think of life as a journey that is based on choices or decisions. Every decision we make has an effect on the direction that our life takes. If we make good decisions early in life, we are started on a path to success or happiness. I realized the consequences of my decisions in my late 20s and it was at that point that I started in the direction that I’m headed now. My philosophy would probably be something along the lines that life is a constant test of your character. If you make good choices based on good character you’ll be on the path to success and happiness in whatever you pursue.

Anything that I missed? The two red dogs?

Ah, my babies. “ShyAnne” and her daughter “Lil Cheese.” These are my two red dogs. A mom and daughter pair that have been part of my life for the last 15 years. ShyAnne has been by my side through thick and thin and good and bad. It’s amazing how having a strong bond with your dogs can keep you positive through so many difficult times in life. These two are a part of everything I do. Hence, I decided to name the fabrication shop after them as they are a part of everything I build. I’m glad to have my workshop at home because it allows me to spend time with my two dogs while I’m building stuff. I take lots of breaks to play ball with them and build cool dog toys to keep them occupied. In return, they only ask for more of my attention, and treats, which I am always glad to give.

David D'Souza's two Red Dogs after which Red Dog Crafts is named

ユークリッド市長と学校監督は、コミュニティとの取り組みを共有する

Euclid Mayor Kirsten Holzheimer Gail at Euclid Chamber of Commerce Community Leaders Breakfast 2017On Oct. 17, a full house of Euclid-area residents and businesspeople gathered in the meeting room of the Euclid Public Library for the Euclid Chamber of Commerce’s Community Leaders Breakfast. First, Kacie Armstrong, library director, said a few words about the purpose of the library in the community. Next, Sheila Gibbons, Euclid Chamber of Commerce executive director, announced upcoming chamber events and introduced a representative from the breakfast’s sponsor, Allstate Insurance Agent Bill Mason.

The first guest speaker was Euclid Mayor Kirsten Holzheimer Gail. She addressed three areas of focus for the city: economic development, safety and building a vibrant community. Some recent and future projects in the city that bring in new investment and tax dollars for the city include 1,000 new jobs being created with the demolition of Euclid Square Mall and new construction of an Amazon distribution center, the creation of a technology center at Lincoln Electric and surrounding streetscape at E. 222nd St. and St. Clair Ave., a 25,000-square-foot expansion at Keene Building Products, a 40,000-square-foot expansion at American Punch Co., an expansion of Rick Case Honda, a groundbreaking for an O’Reilly auto parts store, and planned expansions to Irie Jamaican Kitchen and Mama Catena.

The second initiative, safety, includes promotions, new hires, training and community-education opportunities for the fire and police departments. Finally, building a vibrant community encompasses community cleanup, recycling, beautification and improvement grants. On Nov. 2, the city will unveil its master plan draft to the Planning & Zoning Department.

The second community leader to speak was Euclid City Schools’ Superintendent Charlie Smialek. He introduced a number of school employees in attendance as well as three Euclid High School Euclid City Schools Superintendent Charlie Smialek at Euclid Chamber of Commerce Community Leaders Breakfast 2017students. Then, he went through a presentation on the district’s vision that included a new Fab Lab to be built as part of the Early Learning Center to introduce science, technology, engineering and mathematics (STEM) instruction in grade school. It will be one of only two early learning Fab Labs in the nation. He also discussed technology programming at the high school and an update on the campus construction project that is underway for scheduled completion in 2020.

Both speakers fielded questions from the audience and gave a plug to support Cuyahoga Community College’s November 2017 bond, Issue 61 to update aging buildings.

HGRは、雇用主はどのようなタイプですか? HGRの受容部門とのQ&A

HGR Industrial Surplus Receiving Department

(Courtesy of Rick Hawkins, HGR’s receiving supervisor)

あなたの部門は何をするのでしょうか?

The main objective of the Receiving Department is to safely and accurately receive and prepare our incoming merchandise for sale. Our goal is to achieve the main objective along with ensuring that we present our customers with the best possible first impression of our merchandise. Many processes take place in order to prepare our surplus for sale: unloading, weighing, sorting, expediting, displaying, and inventorying are processes that are completed prior to sale. We supply our showroom and sales associates with ready-to-sell merchandise on a daily basis.

どのように多くの人々があなたの部門で作業し、それぞれの役割は何ですか?

The Receiving Department operates on two shifts to help accommodate the high volume of deliveries each day. There are four forklift operators per shift who unload and prepare everything for the inventory process. There are four inventory clerks, two expeditors, and the chief pricing officer. Receiving also works closely with the eBay Department, the Recycling Department and the logistics coordinators. Together, we work toward a common goal; each position and every responsibility plays a crucial role in the desired end result: happy customers, happy vendors, good sales, and prosperity for all.

あなたの部門で成功するためにどのような資格が必要ですか?

Those who possess self-motivation to achieve goals, those who pay attention to detail, and those who are highly organized will succeed in the Receiving Department.

あなたの部署で一番何が好きですか?

The fact that every single item in our nearly 600,000-square-foot showroom has been processed through the Receiving Department is a pretty amazing feat to consider. Every available item and every sales transaction is dependent on the efforts of those in our department. Knowing the contribution that our department makes to the whole of the company is gratifying.

どのような課題は、あなたの部門が直面している、とどのようにそれらを克服していますか?

I have been with the company since its earlier days. I have seen and been part of the evolution and can attest to the great accomplishments we have achieved over time. Any prosperous company must be willing to adapt and improve processes to accommodate growth. We constantly strive for improvement in efficiency and productivity. There was a time when a 10- truckload delivery schedule was nearly impossible. Now, a 10-truckload schedule is considered a light day. A lot of things have changed over the years. Improved organization, refined processes, better employee training, increased department size, additional docks, and effectively utilizing available space have greatly increased the capabilities of our department and our business, in general.

方法あなたの部門のどのような変更は、ビジネスは、過去数年間に発生しているのでしょうか?

As implied by one of our five company core values (personal dedication to continuous improvement in creating employee and company success), we are constantly evolving, adapting, and improving. During the past few years many changes have occurred: promoting company culture, major building renovations, the treat it like it’s yours initiative, several employee-recognition programs, and the implementation of safety regulations. All of these companywide changes and improvements have created a better work environment as well as added to the foundation of our business for future growth. The biggest recent change in the Receiving Department was the addition of second-shift receiving operations. This occurred about four years ago and was an attempt to alleviate employee congestion, extend receiving hours, and enhance production. The outcome has been increased production, less forklift traffic with a safer work environment, and more accommodating receiving hours.

どのような継続的な改善プロセスあなたが将来的に実装することを願っていますか?

I’m interested in streamlining some of our older processes and utilizing available technology to better improve efficiency. We have come a long way, but there will always be room for improvement.

What’s HGR’s overall environment like?

HGR not only sells machines, we are a machine, and a juggernaut of a machine at that! Everyone involved here knows that it takes a lot of effort and care to keep this machine operating with precision. In the industrial-surplus world, we are a massive entity. This is a fast-paced environment where things regularly change on a moment’s notice. Our showroom is an ever-changing expanse of new arrivals and older equipment that has been further reduced in price. HGR is a place where you can find customers enthusiastically combing our isles to take advantage of our unbelievable deals and a place where the staff is well-versed in accomplishing goals and providing in excellent customer service.

製造、余剰、投資回収/製品ライフサイクル/機器のリサイクルに関するあなたの視点は何ですか?

As long as there are consumers with demands for products, there will be machines, manufacturers and competition to supply those demands. As long as there is competition among manufacturers, there will be more advanced, more precise, faster machines being developed. The manufacturers themselves become consumers in a competitive market. The need for evolution in manufacturing and machinery engineering will keep the need for new and used equipment revolving. There will always be a market for used equipment as new, and expanding businesses seek to compete, improve, and evolve within their means.

HGRは、乳がん認識月をサポートしています

think pink breast cancer awareness logo

Here at HGR Industrial Surplus, we think pink, even when we’re driving forklifts! In order to increase awareness of breast cancer and honor those who have had or are currently fighting breast cancer. During October, Breast Cancer Awareness Month, our employees are wearing pink bracelets, and our forklift operators are placing pink bows on their forklifts. We’ll also be “going pink” and wearing our pink at the end of the month, as well as reminding our family and friends to make their mammogram appointments.

pink bows on HGR forklifts for Breast Cancer Awareness MonthHGR Industrial Surplus administrative staff support Breast Cancer Awareness Month

文法のヒント:Who vs. Whom

HGR産業余剰文法のヒント:Who vs. Whom

いいえ。 だれと誰が本当に言葉ではありませんが、彼らは笑いを得る良い方法です。 しばしば、人々は "誰"が、 "誰"という学術的な形であるかわいそうな、馬鹿げた言葉だと思っています。まあ、そうではありません。 それは実際には必要な言葉であり、「誰」と違って使われています。

あなたが正しく使用すると、同僚に感心することができます! 方法は次のとおりです。

  • 「who」を使用して、文の件名を参照してください。
  • 動詞や前置詞のオブジェクトを参照するには、「誰」を使用します。

正しい単語を選択するためには、私たちは再び話し合いを行い、品詞やその文章の仕組みを知る必要があります。 あなたが十分な年齢であれば、2年生で文法を教えたときを思い出して、文章を作図しなければなりませんでした。

文章

そして、ちょっとチートシートがあります! あなたがその言葉に代わることができるならば、 "who"を使ってください。あなたがその言葉に代わることができるなら、 "誰"を使ってください。

例1

  • 誰か誰が小説を書いたのですか?
  • 彼/彼女は小説を書いたが、彼/彼女は小説を書かなかった。
  • 正解:誰が小説を書いたのですか?

例2

  • 誰と一緒に行くべきですか?
  • 私は彼と一緒に行かなければならない、私は彼と一緒に行くべきではない?
  • 正解:私は誰と一緒に行くべきですか?

例3

  • 私たちは誰が誰を話しているのか疑問に思いました。
  • 彼女は彼について話していた、彼は彼について話していなかった。
  • 正解:誰が話していたのですか?

HGRの10月2017を入力してください "それが何であるか推測する" Facebookコンテスト

10月HGRはFacebookコンテストとは何かを推測する

どの機器や機械が描かれているかを推測するには、Facebookページに向かいましょう。 参加するには、以下の3つの基準を満たさなければなりません:私たちのFacebookページのように、投稿を共有し、あなたの推測をコメントセクションに追加してください。 これらの基準を正しく満たしている人は、無料のHGR Tシャツまたはその他のクールなアイテムを受け取るために無作為の図面に入力されます。

クリッククリック 11のFacebookページ(10月の59、10月の20、2017)にあなたの推測を入力してください。 次の週に勝者が描かれ発表されます。

HGRの最後の2017の料理

cookout hot dogs and hamburgers on the grill

Every Wednesday, HGR offers its customers free lunch from 11 a.m. to 1 p.m. In the summer, it’s a cookout. This year we did it differently. Instead of hot dogs and hamburgers, we had grilled Italian sausage with grilled onions and peppers and hamburgers with lettuce, tomato, onion, cheese and chips. We even have relish, mustard, ketchup and mayo. If you love the cookout, get it while it’s hot. If you’ve never tried it, this week, Oct. 11, is your last chance until next year when the weather breaks. On Oct. 18, we switch to pizza during the colder months.

people taking pizza from a box

北東オハイオのメーカーは来年にどのような傾向を見込めるでしょうか?

MAGNET State of Manufacturing 2017 held at HGR Industrial Surplus

(Courtesy of Guest Blogger Liz Fox, senior marketing associate, MAGNET: Manufacturing Advocacy & Growth Network)

Will the manufacturing industry keep growing at a healthy pace in 2018? How will government regulations and new legislation affect the industry? How will Northeast Ohio manufacturers take advantage of opportunities and face challenges in the new year? 

Find out at MAGNET’s 2017 State of Manufacturing event on Nov. 10!

Held at HGR Industrial Surplus in Euclid, this event will highlight successes in local manufacturing and address the sector’s fiscal and technological future. Following a networking breakfast, the morning will be full of insights on valuable manufacturing topics, including OSHA regulations, Industry 5.0, capital equipment, and more.

Following the event, HGR representatives will offer tours of their 500,000-square-foot showroom and newly renovated offices filled with furniture made by their customers, some of the area’s premier furniture designers.

Stay ahead of the competition by joining us at the third-annual State of Manufacturing event, and uncover economic trends that will affect your business in 2018.

Details and registration here: http://bit.ly/stateofmfg2018

For more information, contact MAGNET’s Linda Barita at 216.391.7766 or shoot us an email. Alternatively, keep up with the latest MAGNET news by following us on Twitter.

 

Car and audio show this weekend at HGR Industrial Surplus

WHAT CAN ONE OF THESE

subwoofer Resilient Sounds

DO IN ONE OF THESE?

blue mustang for HGR car and audio show

Stop by HGRXCHARXs back parking lot on Sunday, Oct. 8 from 12-5 p.m. to find out. There will be about 100 classic, muscle and sports cars on the property for Resilient SoundXCHARXs community car and audio show. This showXCHARXs for anyone interested in car audio. You can bring your vehicle and turn up your sound system and play it freely. There will be prizes for Best of Show and sound. There will be food trucks available.

For more information, contact Robbie at Resilient Sounds: 440-725-2458 or info@resilientsounds.com.

Euclid Chamber of Commerce’s Coffee Connections held at HGR Industrial Surplus

Euclid Chamber of Commerce Coffee Connections HGR Industrial Surplus

Euclid Chamber of Commerce Coffee Connection HGR Industrial Surplus coffee and pastryOn Oct. 3, approximately 25 members of The Euclid Chamber of Commerce and the business community visited HGR Industrial Surplus for an hour to mingle, network, take a tour of the facility and learn more about HGR while enjoying coffee and pastry catered by Manhattan Deli. Attendees included the City of Euclid police chief, City of Euclid Mayor Kirsten Holzheimer-Gail, radio celebrity Mark XCHARXMunchXCHARX Bishop, the executive director of Shore Cultural Center, and many others.

On their tour, they learned of HGR’s オークション of one-of-a-kind handcrafted furniture by 44 Steel and Rust, Dust & Other 4 Letter Words to benefit hurricane relief.

 

hurrican relief auction furniture HGR Industrial Surplus 44 Steel Rust, Dust & Other 4 Letter Words

What type of employer is HGR? Buyer Spotlight with Doug Francis

HGR Buyer Doug Francis

あなたはHGRと理由で始めたのはいつ?

Feb. 28, 2011. At the time it sounded like a challenging position where I could use my education and sales experience to meet with large manufacturing firms to purchase their surplus equipment. Six years later, it’s still challenging, and I enjoy the people I work with tremendously. I plan on being with HGR for the duration.

どのようなあなたの領土であり、あなたが日常的に何をしますか?

I cover most of Wisconsin and Cook, Boon, McHenry, and Lake Counties in Illinois. I contact customers to arrange times to look at their surplus equipment, follow up on offers and buy deals!

What do you like most about your job? 

Best part about this job is that it’s different every day. The process of setting up meetings, getting out offers and buying deals is consistent, but there’s never the same deal twice. Keeps me sharp.

あなたの最大の課題は何ですか?

My greatest challenge is the ongoing and always-changing needs of our customers.

HGRであなたの最も興味深い瞬間は何ですか?

Most of the buyers’ meetings have interesting moments. Too many interesting moments to pick the most interesting. It’s a good deal to get together with coworkers/friends and be around the other buyers who are experiencing the same day-to-day activities.

あなたが作業していないとき、あなたは何をしますか?

I enjoy being outside and most water-related activities with friends and family. Wisconsin has outdoor activities for every season; so, I’m thankful for where I live.

あなたのヒーローや最も大きな影響/インスピレーション、そしてなぜは誰ですか?

I’m not a hero worshipper. I’m influenced by successful people every day and try to emulate things that make them successful. My inspiration is self-improvement; there’s always room to get better with everything.

Anything you’d like to add?

I’m glad I work with such a good group of lads in the Buy Department. Every time we meet in Cleveland, I’m reminded what a great team of people work for HGR with the same goals as my own.

ハリケーン被害者救済オークションがLIVEに

44スチールデスク
44スチールのJason Radcliffeによるデスク
Rust Dust&Other 4レターワードランプテーブル
ランプテーブルLarry Fielder、Rust、Dust&Other 4のレターワード
3 Barn Doors table for HGR Industrial Surplus hurricane-relief auction
Table by Aaron Cunningham of 3 Barn Doors

 

クリーブランドの優れた現代的な家具デザイナーの一人が手作りの家具を独自に所有し、同時にハリケーンの犠牲者を助けることができます。

私たちのホームページのボタンからオークションに行くことができます hgrinc.com またはリンク先ページに直接アクセスする クリック オークションの恩恵を受ける芸術団体について読むこと。 44 Steelのデスクの詳細については、をクリックしてください。 クリック。 錆、粉塵、その他の4文字のランプテーブルに関する情報は、をクリックしてください。 クリック. For info about 3 Barn Doors, click クリック.

ハリケーン被災者の復興を支援し、自宅や職場の会話を手に入れましょう。

HGRがNKPHTS 2017コンベンション昼食会をスポンサー

HGRの英語版オークルームタワーシティでのニッケルプレートロードHIstorical Society昼食会のスポンサーシップ

9月の28-30から、Nickel Plate Road Historical&Technical Societyは、Holiday Inn Cleveland-South Independenceの1996以来初めて、オハイオ州クリーブランドでのプレゼンテーションやツアーを含む年次大会を開催しました。

オークルームタワーシティのロビー9月29で、HGR Industrial Surplusが主催するランチョンを、現在のTower City Centreとして知られていたCleveland Union Terminalにある豪華なEnglish Oak Roomで開催しました。 急行路線とパブリックスクエア駅の開発者であるVan Sweringen Brothersは、イングランドのシャーウッドフォレストの木々から輸入されたオーク材のパネルを輸入したため、その名前はそのように名付けられました。 塔の現在の所有者であるフォレスト・シティは、クリーブランド・ユニオン・ターミナルに漏れていた架線を修理して部屋を保存しました。

チャック・クライン・ニッケル・プレート・ロードHIstorical Society English Oak Roomタワー・シティChuck Klein、2017 NKPHTS全国大会委員長は、鉄道のレンズを通して見たクリーブランドのダウンタウンの歴史について、興味深いプレゼンテーション「Chicago World's Fair to Cleveland Public Square」を出しました。 彼は1927-1930から建設が行われたので、開発の前、途中、後にダウンタウンの写真を見せました。 1つの驚くべき統計は、発掘のために2.4百万ヤードの物質が除去されたことです。

HGR Industrial Surplusは、NKPHTSの一員であり、オハイオ州ユークリッドにある施設であるため、以前のNickel Plate Roadにあり、「Nickel Plate Station」内に収容されています。

英語版オークルームタワーシティのニッケルプレートロード歴史協会昼食会

ハリケーンの救済のために競売にかけられる地元のデザイナーによるユニークな家具

These Cleveland-area industrial/contemporary furniture designers (Jason Radcliffe, 44 Steel; Larry Fielder, Rust, Dust & Other 4 Letter Words; and Aaron Cunningham of 3 Barn Doors) visited HGR Industrial Surplus to find inspiration for a one-of-a-kind piece of furniture to be built live during Ingenuity Fest, Sept. 22-24, 2017.

この作品は、HGR Industrial Surplus、20001 Euclid Ave.に展示されており、HGRによってオークションにかけられ、Hurricane Harveyの影響でプログラミングを再構築し、提供するためにヒューストン地区の芸術団体を支援する予定です。

画像が1,000の単語を伝えます。 ここに、HGRの在庫から選択され、デザイナーに寄付されたアイテムを示す「前」および「後」の写真があります。 「後」の写真は、HGRのオフィスに展示された完成品と、これらのデザイナーがどのように産業余剰を家庭やオフィスで使用するための機能オブジェクトに再利用したかを示しています。

BEFORE:

44スチールメイプルワークベンチ
44スチール:メープルトッピングワークベンチ
44スチールポジショナー
44スチール:ポジショナー2個
Rust Dust&Other 4-Letter Wordsマガジンディスペンサー
錆、埃および他の4文字の単語:Magazineディスペンサー
錆ダスト&その他4-Letter Wordsミキサー
錆、埃、その他4文字の単語:ミキサー
錆ダスト&その他の4-Letter Wrenchレンチ
錆、埃、その他4文字の単語:レンチ
Foot Shear purchased by Three Barn Doors for use in HGR Industrial Surplus hurricane relief auction
3つの納屋のドア:フットシアー

AFTER:

44スチールデスク
44スチールのJason Radcliffeによるデスク

 

Rust Dust&Other 4レターワードランプテーブル
ランプテーブルLarry Fielder、Rust、Dust&Other 4のレターワード
3 Barn Doors table for HGR Industrial Surplus hurricane-relief auction
Table by Aaron Cunningham of 3 Barn Doors

デザイナーに会いましょう:

44スチールのJason Radcliffe
44スチールのJason Radcliffe
RusのLarry Fielder、Dust&Other 4の文字の言葉
RusのLarry Fielder、Dust&Other 4の文字の言葉
Aaron Cunningham of 3 Barn Doors
Aaron Cunningham of 3 Barn Doors

If you are interested in bidding on any of these pieces, from Oct. 4-13, 2017, you can click a button from our ホームページ to see more information on each item and designer then place your bid. Winning bidders will be required to pick up the item from HGR or pay actual shipping cost.

 

HGRはIngenuityFest 2017とハリケーン救済活動をサポートしています

IngenuityFest 2017のバタフライドームで生きている蝶

(Guest Blogger、Dale Kiefer、フリーランスジャーナリスト)

HGRは13のショーケーススポンサーでしたth22-24 9月の週末に開催されます。 イベントは2年目のハミルトンコラボレーションで行われました。 以前Osborn Industrial Complexとして知られていたこのサイトは、クリーブランドのSt. Clair-Superior地区にあります。 IngenuityFestは週末のお祝いで、アーティストや起業家が創造性と革新性を共有し、コミュニティの強い意識を醸成するためのフォーラムを提供することを目的としています。

IngenuityFest 2017の巨大な蝶今年のIngenuityFestのテーマは「変身」でした。さまざまなメディアのアーティストが作った巨大な蝶の形でこれを見ることができました。また、Butterfly Domeという団体が出席者を楽しむためにもたらした実際の蝶経験。 しかし、変態という考えは、その言葉の生物学的意味を超えたものでした。 会場自体はこの変容の象徴でした。

Osborn Industrial Complexはかつて世界最大の工業用ブラシメーカーを収容していましたが、施設はOsborn Manufacturing Co.を買収した後、2004で閉鎖されました。 Soulcraft Woodshop、Inc.、Skidmark Garage、3 Barn Doorsなどの新しいビジネスは、最近入居し、新しいテナントがリソースとアイデアを共有できるコラボレーション空間に変貌しました。

これを考慮すると、HGRはIngenuityFestをサポートするのに適しています。 HGRを擁している建物は、かつては第二次世界大戦中の航空機部品用の製造センターであったが、その後はゼネラルモーターズの自動車ボディの製造用の製造センターであった。 この場合、変態の一因であるHGRは、別の流れを導くのに役立っています。

再生とコミュニティへのHGRのコミットメントは、さらに遠くへと広がっています。 今月初め、HGRは、地元のデザイナーや家具メーカーに作品を公開する機会を与える年次イベント「F * SHO」を開催しました。 ショーでHGRはイベントの主催者、44スチールのジェイソンラドクリフ、仲間の工芸品屋の3バーンドアと錆、ダスト&その他の4レターワードをHGRの産業余剰目録から選んだ。 その後、HGRはこれらのアイテムをビルダーに寄付しました。それぞれのアイテムは、IngenuityFestの出席者に公開されているディスプレイの1つで、ユニークな家具を作ることができました。 これらの作品は、HGRの営業所に展示されており、10月の4と13の間で競売にかけられ、その収益はハリケーン・ハーベイの影響を受ける人たちを支援するヒューストンの芸術財団に利益をもたらすだろう。IngenuityFest 2017のFirebirds

IngenuityFestの他のアトラクションの中には、ロックバンドからベリーダンサーまで様々なパフォーマーが参加する5つのステージがありました。 ショーのアウトドア部分の1つのセクションではFirebirdsが紹介されました。金属の獣は、見物客を見つめている間に燃え上がっていましたが、ジャグラーは火のついた物を下にお互いに投げかけました(もちろん観客から安全な距離にあります)。 手作りのジュエリーや、様々なメディアに作品を展示している他のアーティスト、図面、金属彫刻などを販売していた数多くのベンダーがいました。

IngenuityFestで最もユニークなディスプレイの1つは、Artist Nelson Morrisによって作成された1000 Facesプロジェクトでした。 作って2年だったこの作品は、1,000の顔をコンクリートでキャスティングし、それぞれが北東オハイオコミュニティの実際のメンバーの顔を模したものでした。 さまざまな年齢や背景の人々が、私たちの地域内の多様性の価値と深さを示すために表されました。

1000はIngenuityFest 2017に直面する

リンクを介して手作りの家具をチェックして入札してください クリック hgrinc.comで。

Syndicated Cartoonistアグネスの創始者であるTony Cochranは、リメイクされた素材からカスタムエレクトリックギターを作ります

Tony Cochranギターギタービネット

アートへの興味はいつ始まりましたか?

絵画は数学より楽しいと分かりました。 おそらく小学校に戻っていたでしょう。 私はそれにかなりうまくいたので、あなたは賞賛に従います。

あなたはどこで働いたのですか?また、あなたは以前の職歴で何をしましたか?

高校と大学では私は小売店で仕事をしていました。 コロンバス・カレッジ・オブ・アート&デザインの後、私は自動車ボディショップのディーラーに就職しました。 それは私が修理していた車の4分の1のパネルの下でアートワークをするために夢中になった15の年でした。 私は仕事場から家に帰ったときに、洗濯の隣の地下の夕方に絵を描いていました。 ビッキー、私の妻は、仕事療法士として彼女の仕事の後にギャラリーと美術コレクターとネットワーク。 彼女は私のアートキャリアをフルタイムで追求するよう奨励しました。 私の友人の突然の死は私に人生が不足していることを実感させました。そして、私は自分のミューズを追求するために車体屋をやめました。 私たちは古い棺の建物の中にスタジオを借りて、塗装しました。

 あなたがしている漫画と、それがどうなったのか教えてください。

私の漫画は、長い足の小さな女の子の名前Agnesについてです。 彼女は私の絵を追いかけながら、スケッチブックの余白に現れ始めました。 シンジケートな漫画家として私の生活をすることは決してありませんでした。 それは私を見つけた。 アグネスは彼女のおばあちゃんによって小さな家のトレーラーで育てられている。 彼女の親友はトラウトです。 彼女は米国、世界各地、そしてウェブ上の新聞に掲載されています。 検索 "アグネスコミックストリップ"あなたは失望することはありません!

 あなたが作ったギターとギターを作ることに興味を持った理由について教えてください。

トニー・コクラン・ハーレーキャスターギターは私がオートバイで試していたスタイルのものでしたが、私はそれをさらに探求したいと思っていました。 私の弟は私に彼がBuffaloで持っていた予備のエレクトリックギターを持ってきて、それと走った。 エレクトリックギターのスタイルは、彼らに重いホットロッドの倫理を持っています。

私のギターはsteampunkと呼ばれていますが、それは正しくありません。 私は彼らが老いているのが好きです。 私は彼らが混乱するのが好きです。 私は彼らについての物語を追加し、彼らの歴史的旅に沿って彼らを助けるのが好きです。 彼らは奇妙な仕上げをしています - 奇妙なギズモ - とされるべきであるように、完全に機能的なギターです! 機能アート。 私は古典的なギターを変更しません。 あまりにも少数であり、未来の世代が元の状態で楽しむために保存されるべきです。

いつ、そしてなぜあなたはギター事業を始めたのですか?

私たちは、乳がんとの予期せぬ戦いのために美しい妻ビッキーの収入を補うためにギター事業を始めました。 ギターの販売、ウェブサイトの作成と運営、ソーシャルメディアの作業、そしてこれらの素晴らしい写真のすべてをやっていることは、彼女が美しくしたことであり、猶予と大成功で、いつも乳房切除や化学療法で彼女の健康を回復しています。 私は物事を作り上げるだけです。

あなたのギター用の再生材料と木材はどこで手に入りますか?

私はどこでも私の機械的なパレットを見つける。 ガレージの販売、詐欺の販売、屋根裏部屋、地下室。 私は、ガレージから金属の奇妙なビットをフェッチするために信号機でVickieを車から送り出すことが知られていました。 私は材料をカットし、それを並べ替え、ハンマーで打ち、溶かして溶かし、酸で錆びさせる。 ギターに合わせて素材をスケーリングする必要があります。 人々は私のものを見つける、私にアイ​​テムを送る。 私は変わった人のための容器です。 自由に何かを投げてください!

あなたのギターを買うのは誰ですか?

私は、多様な才能と視覚的な欲望のファンとバイヤーを持つことは特権です。 彼らはギターを愛し、彼らは芸術を愛し、ボックスの外に少し何かを持っていたいと思っています。 私はアートコレクター、ミュージシャン、音楽プロデューサー、ポップスターの国際市場を持っています。 どのような楽しみ! 当社の顧客はギターとアートコレクターの幅広い分野です。 魅惑的なイメージに魅了されたギターの人々、奇妙な、芸術の鑑賞者の恋人。 リック・スプリングフィールドが3枚買って、4枚のCDカバーでツアーに使った時、私は兄弟に自慢しています。 私の兄弟は言った、 "まあ、彼は本当にギタープレイヤーではありません。"兄弟! Sheesh。

 ほかに何を作ったのですか?

私は今、別のハーレーで働いています。 私はそれをトライクに変換し、砂漠で放棄されたように見えるようにしています。時間と要素に放棄された60のカスタムバイブです。

 ストリップやギターを作っていないときはどうしますか?

ハウスメンテナンス、ランドリー、芝刈り、オイル交換、調理、訪問者、読書、ここで壊れたすべてのものを修復するなど、日常生活のすべての活動以外にも、 何もありません。 ビッキーと私は16歳と高校の恋人だったので一緒になってきました。私たちはいつも一緒に過ごす時間を過ごしています。

 あなたの個人的な哲学は何ですか?

私の個人的な哲学は、すべてを終わらせることです。 あなたが死ぬなら、まあ、あなたは終わった。

 他のアーティストやメーカーのアドバイスはありますか?

楽しんでください。しかし、あなたが最後にしたことよりもうまくやることができます。

 私があなたが言いたかったことを逃したものは何ですか?

私は、ギターが表示されている芸術ディスプレイの集合体ですべての新しいビルドを褒め始めました。 3つの芸術要素があります:壁に芸術として単独で立つギターマウント、ギターそれ自体、そしてその2つの組み合わせを持つ芸術ディスプレイアセンブリ。 私は1つのショーのためにそれらを保存しているだけで、その写真が下にある "ベイビーヘッド"を人々に見させる。 それはプレビューを見た主要なギターとアートコレクターにすぐに売られました。 彼らはあなたの眼球をノックアウトします! 私はクリーブランドでそれらを見せたい。 高級ギャラリーですか? クールな居酒屋ですか? ロックホール? 私の作品をwww.TonyCochranGuitars.comで見て、tony@TonyCochranGuitars.comまで私に連絡してください。 ショーの準備はできていますか?

トニーコクランベビーヘッドギター

連絡先(営業担当者の名前)







あなたの名前*
メールアドレス*
メールアドレスを確認してください*
あなたの電話番号
会社名
商品番号
あなたのメッセージ*

連絡先(営業担当者の名前)







あなたの名前*
メールアドレス*
メールアドレスを確認してください*
あなたの電話番号
会社名
商品番号
あなたのメッセージ*